ドックベストセメント メリット・デメリット|せんげん台くすのき通り歯科

ドックベストセメント メリット・デメリット

ドックベストセメント メリット・デメリット

ドックベストセメント メリット・デメリット

  • ドックベストセメント  メリット・デメリット

こんにちは 。

越谷市せんげん台駅西口から徒歩3分にある、せんげん台くすのき通り歯科の菅崎です。

今回はドックベストセメントのメリット・デメリットについてお話させていただきます。

ドックベストセメントは歯をほとんど削らないで、むし歯を再石灰化させて、歯の神経を取らずに治療が可能になります。

ドックベストセメント メリット

➊  痛みが少ない
ドックベストセメント治療は出来るだけ歯を削らないことが特徴ですので、治療時痛みを感じることはほとんどありません。麻酔も必要ありません。
 
➋  歯の神経を残せる可能性が高い
虫歯を削ると神経に達してしまい、神経を取る確率が高くなります。ドックベストセメント治療は、ほとんど歯を削らないので、神経を残せる確率が高くなります。そのため治療の回数も少なくてすみます。
❸  虫歯で柔らかくなった歯を硬くします
ドックベストセメントは、虫歯菌に侵されている歯の内部の象牙質を銅イオンで殺菌することにより、柔らかくなった象牙質の再石灰化を促進し、硬く治してしまいます。
❹  殺菌力が長く続く 
ドックベストセメントは銅イオンを放出し続けるため、殺菌力は永続的に続きます。
 
❺  天然ミネラルが主成分なので、副作用の心配はありません
ドックベストセメントの主成分は、銅やリン酸、亜鉛など、天然ミネラルです。そのため副作用の危険はありません。妊婦にも安心して使えます。

ドックベストセメント デメリット

➊  虫歯菌に罹患している部位や量、状態等によって、この治療が出来ない場合があります。
例)ズキズキと痛みがある場合など…

 

➋  歯の中の虫歯菌は治療できますが、むし歯にならない歯にする訳ではありません。

 

❸  通常の適切な歯みがきを怠ると、治療部分は治っていても、違う箇所から新たなむし歯が発生します。

 

❹  治療後も半年に一回の定期的な歯科検診が、欠かすことが出来ません。

 

❺  保険診療の材料に認められていないため保険外診療になってしまう。

*今現在保険診療で認められていない材料を使用するため、詰め物も保険外診療になってしまいます。

ドックベストセメント治療  1歯につき

セメント代  5000円(税別)➕詰め物代10000円(税別)〜

 

ドックベストセメント治療に興味のある患者さんはぜひご相談ください。

 

春日部市からも近い、越谷市「大袋駅」と「武里駅」の間「東武スカイツリーライン線せんげん台駅」西口、くすのき通り沿い徒歩3分にある平日夜8時まで、土日診療の『インプラント』から『小児歯科』『訪問診療』『矯正歯科』まで行い、患者さんが通いやすい医院を目指しています。

越谷市の歯医者   せんげん台くすのき通り歯科

http://www.kusunokidori-shika.com